いろはにほへとちりぬるを

色は匂えど散りぬるを 我が世誰ぞ常ならむ。
何ともステキで深い言葉ですが、幼少の頃は意味もわからず、
ただその音だけを覚えていたワタシ。
しかし、たまたまそのネタが会社で出た時には大爆笑!
と言うのも、「イロハニホヘト」は意味不明ながら、お呪いの一種として受け入れたけど、
「散りぬるお若」、お若って誰やねん!で大盛り上がり。
みんな、おんなじ事思ってたんですねー(笑)
更に笑った「奈良むういの奥」、むういって何処?!
そして最後、「えひもせず、ん!」でも大爆笑。
いやいや、丸覚えってコワいですね・・・

オトナになったいま、この歌に込められた無常感が身にしみて分かるようになりました。
そして、今を盛りと咲き誇る花の美しさもいいけれど、散り行く花のあわれも・・・
と言うことで、行ってきたのが三井寺。
週末まで待たされのが逆に幸いして、桜ならではのもののあわれを堪能出来ました。

三井寺の桜と言いつつ、その手前の疎水に掛かる鹿石橋からの眺めがベストスポット♪
a0170321_18242480.jpg

生憎の曇天でしたが、それはそれでまた物悲しくていい感じ(笑)

やや盛りを過ぎていたお陰で、雪と見まごう落花が風に舞う瞬間を見ることが出来ました。
a0170321_18284044.jpg


滔々と流れる疎水の水。これが京都・大阪府民の喉を潤しているのです(^^)
a0170321_18294411.jpg

と言うわけでこの時期になると、蛇口から桜の花びらが…出ませんね(^^;)

疎水沿いの鉄柵には、心憎い演出が♪
a0170321_1831296.jpg


そうこうしている内に三井寺に到着。
急な石段を登ると、悲しいかなちょびっと息切れが(><)
a0170321_18321291.jpg

でもこんなのを見つけると、ちょっと嬉しくなったりして…

一陣の風が…
a0170321_1839672.jpg

雪を風花と言いますが、これぞリアル風花ですね(^^)

びわ湖を一望できる場所に出ました。
a0170321_18403070.jpg

うーん、湖岸のマンション郡が目障りだったりして(左前方のは許します…爆)

散りゆくソメイヨシノと交代するように紅八重枝垂れが見頃を迎えていました。
a0170321_1843878.jpg


三井寺を後にし、駅へ向かう途中で見つけた可愛い花、さてこれは何でしょう?
a0170321_18453795.jpg


実はこれ、花ではなくてこの桜の咢なんです。
a0170321_18472981.jpg

街路樹として植えられているこの桜、濃いピンクと大きな花弁が特徴です(^^)






冬の味覚、鯖ともそろそろお別れの日が近づいて来ましたねー(涙)
と言うことで、最後のきずしです。
a0170321_1851374.jpg


コチラは春の味覚?山菜の天ぷら。
a0170321_18522412.jpg

ちょっと衣がもっちり系(爆)

菜の花とお揚げさんの辛子酢味噌和え。
a0170321_18535050.jpg

カリカリに焼いてあるお揚げさんが香ばしくてウマー♪

a0170321_18544693.jpg

いただきまーす!
by chidoriashi55 | 2013-04-20 18:56 | キレイ

残しておきたい美味しい記憶と日々の徒然をのんびり綴ってます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31