お久しぶりねの食いしん坊、丹波篠山でオトナの遠足。

そろそろ記憶が薄れかけてきたので(いや、すっかり薄れてますが…笑)慌ててアップー!
と言う事で3月後半に久々に開催した食いしん坊倶楽部、オトナの遠足編です♪

向かった先は丹波篠山。黒豆の季節でもないのに、何故今丹波篠山?!
その答えは後ほど(笑)
篠山口駅から、灰皿が付いているレトロなバスに揺られること暫し。
おもったよりも人影まばらな(^_^;)街の中心地にとうちゃーく。
まずはココでしょ!の篠山城をサラッと見学。
おおー、これはガイドブックにも載ってたけど美しい!
a0170321_08475450.jpg
高台から市内を見下ろすと、眼下に可愛い小学校を発見しました。
a0170321_08484895.jpg
渡り廊下も、傘立ても、典型的な昭和の小学校って感じで懐かしい。
ま、私の小学校は最初木造でしたけどね…
桜どころか、梅までまだ蕾固し、と言うこの日。
a0170321_08482196.jpg
重症の花粉症に悩まされるお二人を尻目に、ほんのり花粉症の私は余裕綽々…のはずが!
山に囲まれたこの場所で、思い切り深呼吸してたらキターーー!
くしゃみ!くしゃみ!鼻水鼻水鼻水!眼カユカユ!と、
ほんのり、のはずが本格的に花粉症大発症してしまいました。
(その後帰りの電車が大阪に近づくにつれ症状は軽減。やっぱり山の中って凄い!)

お城の見学はほんの申し訳程度で、後は街なかをぶらぶら。
ちょうどひな祭りのイベントがあり、あちこちのお店で雛人形を飾っておられました。
これは呉服屋さんの店先です。

a0170321_08491586.jpg
そして定番、小西の黒豆パン。
a0170321_08501427.jpg
我々が買っている間にも飛ぶように売れて、あれよあれよと言う間に完売でした。
残念ながら、我が家では不評でしたが…(笑)

さて、花もなく黒豆もないこの時期に丹波篠山にやってきたかというと…
a0170321_08503336.jpg
かに道楽もビックリなおどろおどろしい3D看板、そうお目当てはぼたん鍋ーーー!
a0170321_08504866.jpg
玄関にはもっとリアルなお出迎えが。これを見てカワイソーと思うか、美味しそうと思うか(笑)
可愛い突き出しをツマミつつ、歩き回って乾いた喉をビールで潤します♪
a0170321_08510105.jpg
そしてジャジャン!とお鍋の具材が登場。
野菜がてんこ盛りすぎる(@@)
a0170321_08511996.jpg
ぼたん鍋と言う名前はこの牡丹の花のように見えるお肉…あれ?牡丹になってない?!

a0170321_08530497.jpg
原因は、お肉の部位をミックスにしたこと。ロースだけなら見事な牡丹なのですが(^_^;)

栗で甘みを出した味噌ベースの出しに、お店の人がお肉を投入。
a0170321_08532720.jpg
そして上から山盛り野菜類を乗せて、さあそろそろ煮えてきましたよー!

a0170321_08541507.jpg
ぼたん鍋初体験のきみどんさん、恐る恐るという感じでお箸を伸ばしておられましたが
一口食べてマシッソヨー!ではなくて美味しいーー!と絶賛。
ぼたん鍋経験豊富なdvoさんと二度目の私も当然絶賛(笑)
いやー、ほんのり甘みのあるお出汁も、脂コッテリに見えるのにくどくないお肉も、
これでもか!の野菜類も、どれも美味しくて感動でした。
特にお出汁は全部飲み干したい感じ?!という事でシメにラーメンを入れてすすりまくり(笑)
a0170321_09230324.jpg
はぁぁー、美味しかった♪
はちきれそうなお腹をさすりつつ、バスの時間までのほんの15分ほど商店街をぶらぶら。
巨大な原木シイタケをゲットし、次の目的地丹波立杭焼の「陶の郷」へ向かいます。
陶の郷では、特にそそられるものもなく、私にしては珍しく手ぶらで終了(^_^;)
ぼたん鍋効果でいつまでもホカホカしているお腹のまま、帰路につきました。

流石に晩ごはんは入らないだろうなーと思ったけれど、昼飲みが足りなくて(笑)
結局こんな事になってしまいました。
a0170321_08560825.jpg
買ってきた原木椎茸と、ボンジリの塩焼き。菜の花の黄身酢和え。
帰りに大阪のエノテカで買ったロゼの泡を一本スルっと空けて、
あー楽しい一日だったなぁと心地よい疲れと酔いに身を任せ、
いつの間にやらソファでウトウト。
ふと目が醒めたら、再生ボタンを押したところしか覚えてないドラマ、終わってました…



Commented by vinojapon at 2017-04-09 17:40
ぼたん鍋!大好物です。
東京ではなかなか食べられないので、夫の実家(京都)へ行った際に
改進亭でお肉を買って家でぼたん鍋を食べています。
やはり猪肉は精肉店でも高価ではありますが、外食するより
リーズナブルに愉しめるかと思います。
豚肉の脂も甘くて美味しいものが最近は多々ありますが、
猪のそれは一線を画していますよね。
連ドラは最近殆ど観ていませんでしたが、「やすらぎの郷」の
録画を行うようになりました。
恋愛ドラマより、こうしたドラマが好きな年となりました・・・。
Commented by shilave at 2017-04-11 08:37
マシッター!
写真が上手やから改めて見ても美味しそうです
あのあと小耳に挟んだんですけど、純粋なイノシシは少なくて
イノブタが多いそうです_| ̄|○
むかーし文珍さんも言ってはったんでどうなんやろ~と思とりましたが
これはきっとイノシシですよね(^_^;)
それにしてもこのラーメンよ~ 
味を思い出しただけで顎が落ちそう 本当に美味でしたね

おなじく、おくださんで軽く引っ掛けたかったですし\(^o^)/
Commented by chidoriashi55 at 2017-04-16 09:16
> shilaveさん
イノブタ?!まあ美味しかったからどっちでもヨシといたしましょう(笑)
小西の黒豆パンは予想以上に(T_T)口に合わなかったけど、
イノシシはほんと美味しかったです♪
シメラーメンの後に更にご飯を入れて、最後の一滴まであの味噌味の出汁を
飲み尽くしたかったです(^^;)
これからは年に一度、丹波篠山にイノシシツアーに行かねば!
今度はもっとゆっくりと、地元の美味しいもんを買って帰りたいです(^^)
Commented by chidoriashi55 at 2017-04-16 09:21
> vinojaponさん
おお、さすがジビエに詳しいvinojaponさん!
猪肉、産地では普通に売ってますが、都会では見かけませんよねー。
昔大阪のデパ地下でお肉を見ていたら「このイノシシ500gね!」と言う声が聞こえて、
イノシシを家で調理するとはどんなお方?!と顔を見たら美しく品のよいマダム。
このマダムが家でぼたん鍋?!とちょっと不思議な気がしたものでした。
脂が甘い!というのは美味しい豚肉でも思うことですが、イノシシは更に甘くて
しかも後味がサラリとしていますね。次の冬はお家でもチャレンジしたいです!
ドラマ、最近はまったく眠気に勝てず(笑)
目が開いていたとしても、チャラチャラとした?恋愛ドラマは同じくスルーです…
by chidoriashi55 | 2017-04-09 09:38 | 楽しい | Comments(4)

残しておきたい美味しい記憶と日々の徒然をのんびり綴ってます。


by chidori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30