B級グルメバトルはまさにバトルでした!

連日のお出かけで、既にこんがりトーストおばさん娘なワタシ。
この歳でそれは如何なものかと思うのでありますが(笑)
などと言いつつ、今日はわが地元、滋賀県大津市にて昨日から開催されている、
「第一回滋賀B級グルメバトル」なるイベントに出かけて、更にもうひと焼き(爆)してまいりました~!
前日の大混雑から考えて、早めに行くがよろしかろうとイベント会場に着いたのが2時20分。
余裕かと思いきや、スタートまでにまだ40分もあると言うのに、早くも人気ブースには列が(><)
a0170321_19515560.jpg


気は焦るけれど、ちょっと周りをぶらぶらしてみました。
青い空、目の前には白亜の遊覧船ビアンカ。
a0170321_19541363.jpg

湖面を渡る風も心地よい…なんて言ってられないほど、灼熱の太陽がじりじり。
こんな中で並ぶなんて…と思ったけれど、並んでおかなければ何時まで経ってもありつけなさそうなので、
仕方なく第一のお目当ての「COTOCOTO煮込んだ近江牛らーめん」の列へ。
大ぶりの帽子を被っていたのですが、5分もするともう、首筋も足首も煙が出そうです、アヅーッ(><)

列に並びつつも、お隣のこちらも気になる~!
a0170321_19583372.jpg

「沖島よそものコロッケ」。はて、よそものとは?
それは、琵琶湖の嫌われもの(笑)ブラックバスの事でした。
沖島は琵琶湖最大の島であり、淡水湖の島としては日本で唯一人が住んで生活している島なのです(^^)
そこの漁師さん達にとって、ブラックバスは全くの他所者かつ迷惑な存在ですが、
それを逆手にとって島の名物にできないか?と言う事から生まれたコロッケだそうです。
よっしゃ、次はこれにしようっと♪

さて、もう首筋からまさに煙が立ち上ろうかというその時!
遂にイベント開始の時間がやってきて、我が列が進み始めました(^^;)
受け取った丼に柚子胡椒ソースをチュッと掛けて、さあどこで食べようかな?
ベンチは一杯、芝生は服が汚れると嫌だし…てな訳で、結局噴水の脇の石垣?で頂きまーす!
a0170321_2054476.jpg

済んだスープはカツオ昆布出汁、近江牛のスネは三日間煮込まれて、
トロトロを通り越したホロホロの柔らかさ。
サッパリしてるのに滋味深いスープに、ジンワリ甘味のある牛スネの旨みが混じり合い、
これはとってもウマー!
この暑さの中、冷たいラーメンと言うのも嬉しいし、柚子胡椒の風味がまた牛肉に合う~♪
お昼抜きだったせいか、あっという間に完食しちゃいました(笑)

さ、次行ってみようか…とその前に大事なあれで喉をうるおさねば(爆)
a0170321_20992.jpg


これを持って先ほどのコロッケを買うのはちょっと邪魔なので、
こんどはビアンカではなくミシガンをバックに一気飲み~♪ プッハァー!

そしてお楽しみの沖島コロッケ。
a0170321_20103422.jpg

ハーブとバターで炒めたバスをおから入りクリームソースで和えて…と、
フレンチ並みの手の込んだ手法を駆使したコロッケは、実にまろやかで美味しー!

さて、1000円分のチケットを1冊買ったので、ここで残りは300円分。
あと一食、何を食べようか迷います。
しかし、めぼしいのは大体が400円、さりとて足りない100円のためにもう一冊買うのも勿体ない。
というわけで、近場で目に付いた300円のこれに決定!
a0170321_20145730.jpg

何故か殆ど行列が出来ていないのが気になりますが(笑)
a0170321_20161688.jpg

うん、300円でこのサイズなら申し分ありません。
甘辛く炊いた近江牛スジコンも美味(中にもスジコンが入ってます)。
しかし、ちょっと火の通りが甘い?もうちょっと中のキャベツに火が通っていて欲しかった~

ふー、遅めのランチとしてはちょっと食べすぎ(笑)
そろそろこの辺で退散せねば…と思ったら、目の前にこんなものが!
a0170321_2018435.jpg

ひ、100円?!それは飲まない手はないでしょう(爆)

てな訳で、またまたビアンカをバックに…
a0170321_20193875.jpg


70ml(手に盛っているカップにナミナミ一杯)とはいえ、立て続けに2杯飲むと結構ほろ酔い(笑)
今度こそ退散しないと、晩ご飯に差し支えます(え?)
てな訳で、後ろ髪を引かれる思いで、今から更に盛り上がるであろう会場を後にしました。
a0170321_20214281.jpg


今こう言うイベントは大流行りのようですが、実はワタシは今回が初参戦。
短い時間だったけど、思ったより美味しかったしお酒も充実してたし(爆)結構楽しめたのですが…
ただでさえ日焼けしたワタシは更にこんがり。
夏休み、プール帰りの小学生と見紛うほどの焼け様です。
このツケが秋にどんなふうに回ってくるのか、今からオソロシー(><)
by chidoriashi55 | 2011-07-31 20:35 | 楽しい

残しておきたい美味しい記憶と日々の徒然をのんびり綴ってます。


by chidori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30