プリップリ鯖しゃぶ@坊勢

先週末の博多飲み倒れに続いてまたまたやってきた残業続きの日々。
お陰でブログは放置しっぱなし、週末のお楽しみにと買っておいたアテは賞味期限切れ、オーマイガッ!

と言う事で遅れに遅れた例のアレ(笑)食いしん坊倶楽部の2012年初活動のレポを
今更ながらアップさせていただきまーす!

dvoさんが選んで下さったのは、家島諸島の中にある坊勢島。
「ちちんぷいぷい」で見たそこの鯖しゃぶが凄く美味しそうだったのよ~♪と鯖星人には悪魔のささやき(笑)
二つ返事でそこに決定~!

今一つなお天気の中、電車に揺られバスに揺られ、最後は高速船(これがオッソロシク超高速!)に揺られて
は~るばる来たぜ坊勢島~♪

島に降り立つと、まず目に入るのがこの弁天島。
a0170321_2059069.jpg

干潮の時だけ道が出来ると聞いて、「おお!珍島物語!」と韓ドラヲタ?な二人は大喜び(笑)

休日だったせいか、湾内にはびっしりとデコラティブな漁船が停泊中でした(^^)
a0170321_20534582.jpg


ランチタイムまでまだ時間があったので、ぶらぶらと展望台にでも行きましょか~、と歩きだしたその時、
3人の目に入ったのが干しカレイ。
a0170321_20572769.jpg

整然と並ぶ姿に美しささえ感じます。
a0170321_20595331.jpg

このカレイを干していたのは、風雪に耐えてウン十年!みたいな渋さの中に人の良さがにじみ出ている海の男Uさん。
ちょこっとお話をするうちに盛り上がり、何と島内一周観光案内?をして下さる事に!
ちょっと待っててや~と家に戻り、軽自動車で現れたUさんのご厚意に甘え、
お寺やら展望台やら、全て観光案内付きでアテンドしてもらっちゃいました♪
その展望台で弁天島の話になったのですが、干潮時だけ道が出来ると言うのを
「珍島物語ですよね~」と言う我々に「モンサンミッシェルや~」(笑)
え?え?その風貌からその地名が出るか?!(し、失礼・・・)
実は娘さんの仕事の関係でおフランスに行ったことがあるそうで、そんな名前が出たようです(^^)

さて、Uさんネタは語れど尽きぬ、ではありますが、実際お会いしてない人には???でしょう(笑)
と言う事で、とっととメーンエベント行きましょか!

お店の名前は「乱菊すし」さん。
予約時間よりやや早めに着いた事もあって、一番乗り~♪
お座敷の一番奥の席に案内され、さっそく看板メニューの鯖しゃぶコースを頂きました(^^)

調理を始める前に、まずは犠牲になる(笑)鯖ちゃんとご対面。
a0170321_2183744.jpg

な、何と美しいボディライン!
背中の入れ墨(爆)もクッキリと鮮やかで、しかもつぶらな瞳は澄み切っています!
楽しみ~♪

まずは鯖刺し。
a0170321_2175375.jpg

鯖のきずしは居酒屋に行くと必ず頼みますが、鯖刺しとなると中々口には出来ません。
コリッコリの身は程良く脂がノッて、なんともたまらんウマーッ!

そして真打の鯖しゃぶちゃん登場~!
a0170321_21113442.jpg

三人前ならちょっと足りないかな…と思ったら、次々と同じものが(@@)
何とこれ、一人前の盛りだったのです、うううウレシー!
血合い好きにはタマランこの色。
a0170321_21292142.jpg


昆布出汁の中でしゃーぶしゃぶと三往復。
a0170321_21142687.jpg

さっと表面の色が変わったら食べごろです(^^)
ポン酢おろしに、ベリエさんが持ってきてくれた黒七味をパラパラして頬張ると、
もうこれを口福と言わずしてなんとしましょう?!と言う程の美味しさ~
中でも脂のノッたハラス部分は最高でした。
a0170321_2121333.jpg

身が活かっているからかお出汁に一瞬触れただけでクルリッ!
しかもヒラメの縁側を思わせるコリコリ感もしっかりあって・・・
ああもうまた食べたくなってきたじゃないですかッ(爆)

お皿いっぱいの鯖を堪能した後は、軽く水菜と木綿豆腐で終了(画像ナシ)。
うーん、もうお腹一杯大満足じゃ~とお腹をさすりかけた時、後ろの席から「ワタリガニ!」と言う声が!
そう、先ほどのUさんに教えてもらったのですが、この時期の坊勢はワタリガニが絶品とか。
それを食べずして帰れるでしょうか?いや帰れはしません(笑)
と言う事で、後編に続く~♪
by chidoriashi55 | 2012-02-04 21:30 | 楽しい

残しておきたい美味しい記憶と日々の徒然をのんびり綴ってます。


by chidori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30