かにかくに 祇園は恋し・・・


もうそろそろ紫陽花の季節も終わりですね~
中々に撮り甲斐のある花なのですが、いかんせん紫陽花に似合うお天気と
こちらの休みとが中々マッチせず。
結局今年はあそこも、あそこも(どこやねん)行けずじまいでした(涙)
そんな中、お手軽に行けて風情もあって、と言う貴重なスポットがココ。

a0170321_2235188.jpg

欄干に掛かる柳もまた、色街にふさわしい婀娜っぽさ。

a0170321_22365798.jpg

灯篭の朱色も鮮やかに・・・

a0170321_2238415.jpg

換気扇下の油受けにも、そこはかとなく風情が(笑)

そんな祇園白川のほとりは、意外や紫陽花の名所で
青紫の額あじさいが、吉井勇の「かにかくに・・・」の歌碑を守るように
ひっそりと咲いています。
a0170321_2240569.jpg


開店準備に忙しい、川向うのお店はその名も「かにかくに」(笑)
a0170321_22401616.jpg


一番の人気は格子窓の周りを彩るこの赤紫の一叢。
a0170321_22424142.jpg


川面に掛かる様子を眺めていると、しばし暑さを忘れます。
a0170321_22435893.jpg


こんな風情のある祇園も、一筋裏に入ると猥雑な店が並び、
黒服のチャラチャラとしたお兄さんが、ハイヒールのお姉さんとよろめきながら歩いていたり、
カラスの集団が、飲食店から出たごみの袋をつ突き破ってぶちまけていたりと
かなり興ざめではあります(^^;)

その後、おうどんを食べに山元麺蔵へ向かう途中、
知恩院の参道で一番好きなベニガクアジサイに遭遇~♪
a0170321_2251127.jpg

咲き始めは純白で無垢、その後ぽっと紅をさしたようにピンクに染まり始め、
最後は艶やかな濃い紅になると言うこの花。
まるで女の一生のようだと思いませんか?





神楽坂は和遊の「石畳ちーずけーき」。

a0170321_22581694.jpg

手前から、抹茶・杏・柘榴・黒糖。一番奥はきな粉だったか・・・忘れちゃいました(^^;)

柘榴も美味しかったけど、一番のお気に入りはこの杏。
a0170321_2304060.jpg

甘酸っぱさとチーズの風味がとっても合う~♪
ただ、一つ一つはとても小ぶりなのですが、ものすごーーくねっとり濃厚なので、
さすがのワタシも一度に食べ比べるのはキビしい~!
という事で、二人で二日掛けて頂きました(^^;)

by chidoriashi55 | 2012-07-09 23:12 | キレイ

残しておきたい美味しい記憶と日々の徒然をのんびり綴ってます。


by chidori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31