白と緑の世界は拷問付!

あっつーーー!
これってホントにまだ梅雨明けしてないんでしょうか?
あの青空、真っ白な入道雲、そしてなによりギラギラと照りつける日差し。
これってどう考えても明けてますよね?ね?ね?
そして三連休ですもの、昼間っからこんなコトやっちゃってもいいですよね?
a0170321_1865425.jpg

まるでオッ・・(笑)のように並んだこれ、実はワタシの初551です!

ちなみにビールは何を思ったか箱買いしてしまったコレ。
a0170321_1875727.jpg

フルーティでまろやか、まさに乙女のビールです♪

さて、↓で赤と緑の世界をお届けしましたが、今度は同じ日にハシゴした「白と緑」な世界です。
この日、7月1日はいわゆる半夏生。
その半夏生の庭が特別公開中の両足院へ行ってきました~

祇園のど真ん中にある建仁寺の塔頭の一つで、
街中にあるせいか、中々オサレなお寺のようです。

石段を数段上ると見えてくるのが、正方形の敷石と、丸く刈り込まれたサツキ。 
そしてその向こうには丸い格子窓。
a0170321_18155150.jpg

絵になるアプローチに、お庭への期待が高まります♪

拝観料を支払うところで、オバさまの団体と出くわしちょっとした渋滞(笑)
そのすきに、丸い格子窓の向こうをば。
a0170321_18163988.jpg


庭に降りて、更にお茶室でお薄とお菓子が頂けるコース、1,100円也にしました。
木戸をくぐると目の前に広がる半夏生のお庭。
a0170321_1819157.jpg

正面には茶室が見えています。

池のほとりに咲く半夏生。
a0170321_18203422.jpg

a0170321_18473620.jpg

白と緑がとても涼しげですね(^^)

白い部分は勿論花ではなく、葉っぱ。
ポインセチアの白バージョンと言う感じでしょうか?
a0170321_18213665.jpg


今度は書院からお庭全体を眺めてみます。
a0170321_18233643.jpg


そろそろ茶室で、お抹茶とお菓子をいただきましょうか♪
しかし、茶室前は何時の間にやら長蛇の列(><)
カンカンと照りつける直射日光を浴びながら、待つハメになりました。
暑さも限界に達し、もうあきらめて帰ろうかな~と思ったその時、
長っ尻のバアさま連中がやっとお茶を飲み終えて、ついに順番が~!と思ったら、
「ワタシ、膝悪いんで腰かけられるあの場所がヨロシねん」と後ろの老夫人に言われガーン!
実はワタシもデニムだったので、正座はイヤン、腰かけられるあの場所に!と
ひそかに狙っていたのでした~
とは言えお年寄りに譲らぬわけにもいかないので、泣く泣く茶室の一番奥へ・・・
しかし、汗でぴったりと腿にまとわりついたデニムは正座すると地獄(涙)
しかも過重のせいか、加齢のせいか知りませんが、膝も痛いよトホホホホ。
韓国ドラマの拷問シーン(わかるかな~♪)さながらの痛みに脂汗タラリなひと時でした(><)

そんな状態で待つことしばし、やっと出てきた生菓子、その銘も「半夏生」。
a0170321_18402019.jpg

三つ指ついて出してもらったはいいけれど、何だか乾いちゃって銘々皿から剥がれない!
そして激しく遅れて出てきたお抹茶。ナンボお薄でも、薄すぎっ!
と言うわけで、拷問に耐えたご褒美としては余りにもお粗末だったのでした。

お庭の半夏生が見事だったのに、なんか印象悪いわ~と思いつつお庭を出て振り返ると
こんな可愛いモノを発見♪
a0170321_18374457.jpg

通行止めを表す、関守石です。

ま、残念ながらこの石を無視してズカズカと通っていく輩もおりましたが、
珍しいものを見つけて、最後はちょっと嬉しかった一日でした。
by chidoriashi55 | 2012-07-16 18:55 | キレイ

残しておきたい美味しい記憶と日々の徒然をのんびり綴ってます。


by chidori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31