京都の夏は鱧!

ついに梅雨が明けて夏本番となりましたが、いくらなんでも暑過ぎやん(><)
満員の通勤電車の中、朝からシャツ全体が汗で色変わっちゃってるオジさんとか、
朝から大判のタオルハンカチがグショグショのオジさんとか、
朝から酸っぱい匂いを発しているオジさんとかがてんこ盛り、
暑さよりもそっちがツラい今日この頃です…

さて、夏と言えばつい先日クライマックスを迎えた祇園祭。
お祭り自体は今月末まで続きますが、宵々々山の様子をくチラ見してきたので
雰囲気だけでも・・・

有名なのは「鉾」ですが、このようにな「山」が全ての通りに点在してます(^^)
a0170321_221113.jpg


さあ、お目当ての鉾のある四条通へ…向かう途中で見つけた可愛いオブジェ。
a0170321_2225383.jpg

和カフェのようですが、ハテこのオブジェは???

これは函谷鉾だったかな?
a0170321_224310.jpg

折角超広角レンズも持って出たのですが、暑くて付け替える気にもなれず。

これは一番人気の長刀鉾。
人気者だけあって、すぐわきの四条通の歩道は真昼間から恐ろしいことに!
猛烈な押し合いへし合い、あちこちから「押さんといて!」「子供がつぶれる!」の叫び声。
圧死しそうなギュウギュウ詰めっぷりに流れる汗をぬぐう事も出来ない状態で、
結局たった20mほどを歩くのに10分もかかりました(><)
その人気の要因の一つが見事な鉾の飾り物。動く美術館と呼ばれているそうです。
a0170321_22153254.jpg

精巧な刺繍がびっしりと施された、これは胴掛けでしょうか?
a0170321_22163439.jpg

いやー、凄い重量感です!
ちなみに数ある鉾の中でも、この長刀鉾だけに生身のお稚児さんが乗ります。
京都市内の、いわゆる「エエトコのぼん」(笑)が選ばれるのがお決まりのようですが、
なんでも選ばれたらあれやこれやで2千万円もお金が掛かるとか!ひぇぇぇ(><)
そりゃ、お金持ちのぼんにしか務まりませんわな・・・

さて、見る方の祇園祭はこのくらいにして(笑)
食べる方の祇園祭と言えば、何と言っても鱧!ですよね~♪

先日某所の某ブッフェで激マズな鱧を食べて以来、早くリベンジしたくてうずうずしていたワタシ。
「はしたて」@SUVACOのお昼のメニューが鱧になったと知り、早速出かけてきました~

メインは鱧落としと粟麩のあんかけ丼。
a0170321_22294430.jpg

お出汁の効いた餡がとろ~りと鱧落としに絡んで、えもいわれぬ美味しさです(^^)

もう一品は、蓴菜と温泉卵の素麺。
a0170321_22243672.jpg

おお、これもエエお出汁が・・・さすが和久傳です。
実はこの少し前、行きつけのTAVELTで蓴菜を見つけたのですが、小さな袋入りが何と8,000円!
一気に食べるなんてもったいない…と、普段早食いのワタシですが、さすがにこれはちびちびと(笑)

小鉢には細かい包丁技が光る茄子の揚げびたしと香の物。
a0170321_22303520.jpg


ではでは、いただきます~
a0170321_22222688.jpg


ちなみにランチには蓮根餅が付きます。
a0170321_22325516.jpg

ふるっふるでとろっとろの蓮根餅、とても優しい甘さで美味しい~♪

てな感じで大満足の7月の鱧ランチなのでした(^^)
さて、来月のランチは何かな?!今から楽しみです!
by chidoriashi55 | 2012-07-18 22:44 | 美味しい

残しておきたい美味しい記憶と日々の徒然をのんびり綴ってます。


by chidori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31