あの人が待つ、あの島へ。

基本的に夏の間は活動休止がお約束の「食いしん坊倶楽部」。
でも今年の夏はちょっと違います。
暑さなんて何のその。 三人揃って、あの人が待つあの島へ行ってきました。

あの島とは半年前、鯖しゃぶを食べに訪れた家島諸島の一つ、坊勢島。
そしてあの人とは、美味しいお魚と人情溢れるその島で、
ひょんなことから出会ったフィッシャーUさんです(^^)
人の好さが滲み出たような、何とも味のある笑顔が印象的なUさん。
勿論お魚の美味しさにも惹かれたけれど、
世の中にこんな親切で世話好きな人がいてはるのか~と感動し、
そんなUさんにもう一度会いたくて、立て続けに坊勢を訪れたこの冬でした。

しかし先日、そのUさんの訃報が・・・
それは余りにも突然かつ想像だにしない出来事で、
メールに書かれているその文章の意味がすぐに理解できないほどの衝撃でした。
でもそれは、悲しいことに紛れもない事実だったのです。
あの笑顔にもう会えないなんて・・・そう思うとどうしても最後にお別れを言いたくて、
三人でUさんのお宅にお邪魔してきたのでした。

迎えに来てくださった車が、Uさんと初めて出会った港の作業場のわきを通った時、
おお!よう来た!と言う声が聞こえたような。

そしてお宅にお邪魔して、お仏壇でちょっとかしこまったUさんにご挨拶。
その後は、お姉様と奥様と一緒にUさんの思い出話で泣き笑いでした。
きっとUさんも笑って聞いておられたことでしょう。
残念ながらUさんにそっくりな(笑)お姉さまは途中で帰られましたが、
そのあと奥様の心づくしのご馳走、それも贅沢にも鱧尽くしでもてなしていただき、
娘さんから(ご本人は残念ながらこの日は不在)と言うお酒も出して頂き、
Uさんの供養と言う言い訳?をしつつ散々飲み食いしてしまいました(^^;)

a0170321_22524530.jpg


このほか、鱧のから揚げに鱧と梅肉の天ぷら、とれピチの海老を使った冷たい餡かけに
メバルの煮つけ(二尾も食べちゃいました・・・恥)と、本当に坊勢の夏の美味がてんこ盛り!でした。
ただ今回は目的が目的だけに、カメラを持っていかなかったのですよね・・・
一応スマホで撮ってみたもののガックリのできばえでした。折角のお料理を申し訳ない・・・

もっともっと思い出話を聞きたかったのですが、何せ船の便数が少ないという事で、
最後には山ほどのお土産まで頂きつつ、大慌てでのお別れとなってしまいましたが、
ご家族の皆様の温かいおもてなしと、Uさんと言う素晴らしい人に出会えた運命に感謝しつつ
そして、また必ず三人官女揃い踏みで会いに行きますから!と心に誓いつつ、帰路に着きました。





坊勢の美味しいものを買って帰るのも、きっと坊勢を愛するUさんは喜んでくださるだろう。
そんな思いもあって、実は三人とも「乱菊すし」さんで鱧ずしと穴子の押しずしを予約していました。
まさか、Uさん宅で素晴らしい鱧尽くしが待っているとも知らずに・・・(笑)

しかし、帰りのJRが事故で一時間も遅れてくれたお蔭か、
あれほどパツンパツンだったお腹もお家に着くころには程よく落ち着き、
じゃあ折角買って帰った鱧ずし、ちょっと味見してみるか~♪
という事で・・・
a0170321_23182465.jpg

味見と言うには余りにも食べ過ぎな6切れが整列(^^;)
a0170321_2319225.jpg

Uさん宅ではもう一生分の鱧は食べた!と思ったけど、またこれはこれで違った味わいで(笑)
結局するすると全部お腹に収まりました。
Uさん、坊勢の鱧は最高です!
by chidoriashi55 | 2012-07-30 23:35 | 嬉しい

残しておきたい美味しい記憶と日々の徒然をのんびり綴ってます。


by chidori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31