ゴージャス接待@レストラン・ヴァリエ

昨日は会社の忘年会でした。
珍しく貸切だったので、若手男子が作成した映像を結婚式ばりにスクリーンに流したりと
中々凝った?内容だったのですが、その映像に例のドレス姿が映っていて大赤面でした(^^;)
その後は二次会三次会。
11時半頃に3軒目を出たのですが、何やらトラブルがあったらしくJRは毎度おなじみの大遅延(笑)
ま、どうせ最後は大津からタクシーに乗るつもりだったので、そうも気にしていなかったのですが、
タクシー乗り場に向かおうとして愕然!数十人の行列ができているではありませんか!
しかもロータリーにはタクシーの姿が全く見られません。
2~3分様子を見ましたが、一台たりとも来ず、これは1時間やそこらでは乗れないかも?!
という事で、かなりの雨脚ではありましたが、仕方なく自宅まで歩くことにしましたが・・・
しかし、タクシーで1000円ちょっとと言うのは歩くには結構な距離、
それを真夜中に、しかも雨の中を歩く侘しさと言ったらもう(涙)
小さな折りたたみ傘からはみ出た部分はビショビショ、ブーツもグジュグジュになり、
家に着いた頃には酔いも醒め果ててしまいました。
思い起こせば去年の年末にも同じパターンに陥っていたワタシ。
この時期、田舎暮らしの人間は安易にタクシーに乗る事を考えてはいけませんね、トホホ。

さて、この秋は仕事関係で素晴らしい経験をすることが出来ましたが、
12月に入ってもう一つ、ゴージャスな接待を受けることになりました(^^)
接待してくださったのは某ドイツ系企業の部長、こちらはT営業部長と二人、
お店は先方のチョイスで大阪が誇るグランメゾンの一つ、「レストラン・ヴァリエ」です!

本格的フレンチなど滅多に体験できないので、思わず店内をキョロキョロ。
ずらりと並んだグラスとカトラリーの輝きに、早くも酔ってしまいそうです(笑)

まずはシャンパーニュで乾杯!
a0170321_23312173.jpg

カヴァも美味しいけど、やっぱりシャンパーニュは一味違う…気がします(爆)

まずはアミューズ。
a0170321_23335952.jpg

ユリ・ゲラーなスプーンを使ったものやら、何しろ一つ一つが芸術品のように手が込んでいるので
サーヴィスの方の説明も長い上に耳慣れない単語が多く、殆ど聞き取れず、でした。
でもまあ一人ずつ手元に印刷されたメニューの紙片があったので、
内容はそれを見ればいいや!と思ったら…「アミューズ」としか書かれてませんでした(涙)

3人ともワイン好きという事で、ここからは次々と高級ワインが注がれます。
まずはシェリーのような風味の白でスタート・・・しかしこれもサービス係の説明が聞き取れず。
ボトルの写真も撮れなかったので、何を飲んだかは全く不明です(笑)

「茸のブルーテ、食べるスープ」
a0170321_23381396.jpg

茸の旨味が凝縮されています。焦げ目をつけたマッシュルームがまた香ばしくてウマー!

「南淡路島産鰤のタルタル、菜園風」
a0170321_23404434.jpg

大根の帽子をペロンと脱がせると、中には鰤といろいろ野菜のタルタルが♪
白ワインが進みます(^^)

「静岡産赤座海老、帆立貝ムースリーヌ包み 茄子とオリーブレムラード、ソースシャンパーニュ」
a0170321_2343116.jpg

火サスもビックリなロングタイトルなお料理です(笑)
絶妙の火入れ具合な赤座海老の甘さにまず感動、そしてそれを挟んであるふわっふわのパイ、
この食感にも感動でした!

「フランス産 仔ウサギとセロリのリゾット」
a0170321_23454918.jpg

今までのお料理からすると、意外なほどしっかりとした味付け。
そのせいか、三本目の白も空きそうな勢いです(笑)

「北海道産鮃のグリエ、的矢牡蠣トリュフ添え ハチミツバニュルスビネガーソース」
a0170321_23475480.jpg

折角のトリュフてんこもりなのに、残念ながら話に夢中で味も香りも殆ど記憶になく(^^;)

「京都産 鹿肉ロティ ショコラ アルマニャック風味」
a0170321_23491625.jpg

牛フィレのステーキと迷いましたが、鹿肉をチョイス。
きめ細かな肉質はとても柔らかく、脂肪も殆どなくて超ヘルシーな感じです。
チョコレートのソースは甘味ゼロで、代わりに甘酸っぱいジャムが添えてあります(^^)

赤ワインがまだ少し残っていたので、チーズを頂きました。
a0170321_23545784.jpg

さすが、最高の状態で出てきます。うー、このトロトロ度がたまらない(笑)

長い長いコースが終わり、やっとデザートタイムです。

「黒スグリとアングレーズ ハーモニー」
a0170321_23535620.jpg

「プラリネ ダッコワーズ ショコラ」、そして木箱でサーヴされたミナルディーズは「全部盛り」(笑)
a0170321_2353287.jpg


はー、食べも食べたり、飲みも飲んだり(シャンパーニュ&白3本、赤1本)
気づけば入店から4時間も経っていました(^^;)
最高のお料理とワインだったのに、お喋りに夢中すぎてじっくり味わえなかったのは残念ですが、
滅多にない体験が出来て、一生分の運を全部使い果たした気分でした(^^)
by chidoriashi55 | 2012-12-23 00:14 | 美味しい

残しておきたい美味しい記憶と日々の徒然をのんびり綴ってます。


by chidori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31