キリシマツツジと玉ボケと。

よく、xx三大悪女、なんて言葉がありますよね。
中国・韓国のドラマでも、その三大悪女が出てくる(もしくは主役となる)ドラマがありますが、
先日来視聴している中国ドラマにも、その内の一人が出てきます。

その恐ろしさたるやハンパじゃない!日本の悪女とはレベルが違うというか(笑)
とにかく自分の邪魔になる人間を根こそぎにしちゃうわけです。
しかし、耳を削いだり手足を切ったりと残忍さばかりが強調されている彼女ですが、
歴史書を読むと恩赦や減税など、一般市民に優しい政策を行なっていたようで、
意外や一般市民にはウケが良かったとか。

確かに、いくら側室やら大臣やらを惨殺しようが、庶民にとっては関係ナシ。
自分たちの暮らしが良ければ、いい君主と言うことになるわけで、なるほどなーと思ったのですが、
その政策の中で驚いたのが「30歳以上で未婚の女性に対する課税」、ひぇぇ(@@)
これは大戦争でゴッソリと減った人口を増やすための政策、つまり産めよ増やせよ政策なんですが、
現在の日本でもしこんな法令が出来たなら、大ブーイング間違いなし!ですね(^^;)

++++++++

さて、先日ツツジのトンネルをご紹介した梅宮大社。
今日はアップ編です(^^)

猩々緋、とでも言いましょうか。鮮やかな朱赤です。
a0170321_9142880.jpg


躑躅色、と言う色はこの色かな?
a0170321_9144766.jpg


同じピンクでも、桜や桃とはまた違う色合い。
a0170321_9145420.jpg


お、玉ボケ降臨!
a0170321_915971.jpg


小玉も出ました(笑)
a0170321_9152839.jpg


え?花だけじゃダメ? それなら・・・



ある番組で見て、どうしても食べたかった組み合わせ。
a0170321_92263.jpg

アルザスのソーセージ、新玉ねぎのソテー、そしてグラタン・ドフィノワです。
ハムソーセージの類は殆ど食べませんが、この時ばかりは特別!
でも勿論主役は、グラタン・ドフィノワです(^^)

もう一品は、コチラ。
a0170321_9274487.jpg

ニダでグリルしたそら豆と白ネギのマリネです。 
美味しかったんですが、これは白ワインが良かったかな(^^;)

また別の日はこんなメニュー。
a0170321_9283252.jpg

鶏モモと三度豆のソテーと、ポテトグラタン。
このポテトグラタンで使っているココット、大きさが絶妙でお気に入りです♪

メインをアップで。
a0170321_9301913.jpg

三度豆、シャキっと茹でたのは噛んだ時のキューッと言う音が苦手なんですが(笑)
こんなクタクタのは大好物です(^^)

最後はコチラ(一応軽いダイエットメニュー…のつもり)
a0170321_9331019.jpg

大好きな鶏ムネ軟骨がどうしても阪神でゲット出来ず、泣く泣く伊勢丹で購入。
阪神のと違って殆どホネばかりなので、ローカロリーなのは嬉しいんですけどね…

オマケの一品の中から
a0170321_9342418.jpg

焼きナスのマリネです。 揚げなすにしたいところをぐっとガマンの子で(笑)

てな感じでワインのある食卓三連発、でした~!
Commented by queso at 2013-05-11 10:15 x
おお~、美しいツツジですね。
この花は色合いが割と写真にするとどぎつい感じになりがちですが
流石上手に背景の構成をされていますね。
緑を入れるとぐっと初夏感が増してきますよね(^^)。

そしてワインとその肴達・・・
いやぁ~、どれもこれも更にもう1本となりそうな気配。
因みにchidoriさんはワインはいつもどちらで調達されているのですか?
私はワインショップで色々見て歩くのが好きなので、店舗宅配派です。
最近は国産の赤もだいぶ美味しいものが増えてきました。
この円安では輸入ワインも値上げせざるを得ないですよね。
Commented at 2013-05-11 15:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by emptynest2 at 2013-05-11 17:41
いつ見てもおしゃれな食卓ですね。
そらまめと白ネギのマリネ、美味しそう。
この時期しか食べられないので、お買得品を見つけると手が伸びます。
今度作ってみようかな。
Commented by marucox0326 at 2013-05-11 17:45
中国三大悪女といえばまず思い出されるのが西太后。
それとも呂后かな?武則天かな?ドラマはわかりませんが・・・。
それにしても難しい漢字をご存知ですね。
しょうじょうひは読めましたが、次のは調べましたよ~
つつじかあそういえばそうですね。

美しいお花の後はお腹のなるお写真の数々。

グラタン・ドフィノワおしゃれだわ~
ポテトグラタンじゃ駄目ですよね。絶対
チキンお好きなんですね。
フレンチからイタリアン・・・ワインとともに。
焼きナスじゃなくてマリネに・・・・これ頂きました
こんどやってみよう♪
Commented by omiyagemylove at 2013-05-11 18:56
世界の悪女って、ほんとにえげつないですよね。。。
昔の日本の処刑方法も、世界に負けず劣らずおそろしいものがありますが(><)
玉ボケ美しい~!!
今度、マンションのエントランスで練習してみようかな(^^;)
室内だとどーにもなりません。
わたしもツツジ、読めませんでした。。。

鶏ムネ軟骨がどんなものかイマイチわかってなかったんですが、
最近近所の焼鳥屋さんで、「これか!」というものを発見しました。
確かにお肉がついてるとおいしいですね(^^)
Commented by y_flugels at 2013-05-12 23:04
梅宮神社というのははじめて聞きました!どこにあるのですか?
Commented by chidoriashi55 at 2013-05-20 05:24
◆quesoさま◆

赤系は中々に難しいですよねー。
ツツジの場合は殆どが濃いピンク~赤なので、実際の色を出すのは至難の技。
何とか緑を入れて誤魔化してますが、やはり実物とは違う感じがします(^^;)

ワイン、ネットで買うのが一番多いですねー。
後はデパ地下のワイン売り場か、ワイン祭みたいなので買います。
quesoさんはワインショップで試飲してから宅配なんですね(^^)
意外なことにワインショップめぐりはあんまりしたこと無くて、
試飲もせずにジャケ買いが多いです。
国産ワインは最近かなり頑張ってますよねー。
とは言え、濃厚赤ワイン派なので、今のところはやはり輸入ワイン一辺倒です(^^;)
Commented by chidoriashi55 at 2013-05-20 05:24
◆05-11 15:27 のカギコメさま◆

お久しぶりです~(^^)
三度豆のキュー!
絶妙なポイントに食いついて頂きありがとうございます(笑)
是非一度、クタクタになるまで加熱してみて下さい。
もしくは縦半分にカットしてみて下さい。
意外とイケますよん♪

色々と事件ありイベントありでご多忙なのですねー。
あちらでもお見かけしなくなったんで、心配してましたが一安心。
でも体調もよろしくないということですので、どうぞ無理なさらないで下さいね!
また楽しくお出かけできる日を楽しみにしてます(^^)
Commented by chidoriashi55 at 2013-05-20 05:24
◆emptynestさま◆

そら豆、安くなって来ましたね!
でも先日ふと気づいたんです。
激安の日のそら豆は、莢に2個しかマメが入ってないことに(笑)
普通の値段の時は3個入ってるんで、そういうことか!と目からウロコでした。
Commented by chidoriashi55 at 2013-05-20 05:25
◆marucoxさま◆

独身女に課税というのは呂后のおハナシなんですよー。
今そんなことやった日にゃ、どんなにブーイングが出ることか(笑)
ツツジがなんであんな難しい感じなのか知りませんが、
山のようにある「読めるけど書けない漢字」の一つです(^^;)

ドフィノワ、「ヨーロッパ食堂」という番組で見たんです。
前から好きだったんですが、なるほど本場ではこういう食べ方なのか!と。
早速作ってみたら、いつものよりうんと美味しくて思わずニンマリでした。
あ、ワタクシ人生最後の食事は、鯖寿司と焼き鳥!ってくらいの鶏好きです♪
Commented by chidoriashi55 at 2013-05-20 05:25
◆くらりんさま◆

拷問系は韓国も凄いと思ったけど、元祖?の中国がやはりダントツです(笑)
特に女の恨みはコワすぎ(><)
玉ボケちゃんは、木が沢山茂ってるところが一番出やすいかな?
街中は難しいですねぇ~
それにしても写真の世界は奥行きが深くて。
何時まで経っても進歩しない自分にガックリな日々が続いてます…

お、鶏ムネ軟骨発見ですか!
コリコリ感がなかなかいいでしょ?ローカロリーだし、おつまみにオススメです(^^)
Commented by chidoriashi55 at 2013-05-20 05:25

◆flugelsさま◆

梅宮大社、松尾大社の近くにあるんですよー。
四季折々、何時行ってもいろんな花が出迎えてくれます(^^)
by chidoriashi55 | 2013-05-11 09:39 | キレイ | Comments(12)

残しておきたい美味しい記憶と日々の徒然をのんびり綴ってます。


by chidori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31