紅葉の後は、お約束のお買い物♪

ますます鼻づまりがひどくなってきました(><)
ポカーンと口を開けながらの生活はツラヒ…
しかも元々美声とは程遠い声が、さらにアレになって(笑)どこのオッサン?!状態です。
風邪には睡眠と休息が必要だと思うのですが、どちらも取れない今日このごろ。
何だか近年稀に見る、仕事も体調も最悪のシーズンンです(T_T)

さて、鶏足寺(この名前を目にする度に、飲茶の「鳳爪」が思い浮かぶ~笑)を後にし、
お次はお買い物です♪
鶏足寺の最寄り駅であるJR北陸線の木ノ本駅の近くを通っている北国街道。
長浜が有名ですが、ここもまたいい感じでした(^^)
ノスタルジックな店構えのお醤油屋さんや、こんな薬屋さんも。
a0170321_51013100.jpg

なかでもひときわ目立つ、大きな杉玉がぶら下がったお店は、 「七本槍」で有名な冨田酒造。
中はこんな感じです(^^)
a0170321_5104074.jpg

お酒は勿論、関連商品がいろいろ。 粕漬け用の生粕などもありました。
(ちなみに店内の扁額は北大路魯山人書だそうですが、写真を撮り忘れ・・・涙)

重いものはネットで買う主義のワタシですが、この店内を見て買わずにはおれません(笑)
無謀にも?!新酒を2本(勿論どちらも一升瓶!)をゲット。
ひぇぇぇ、重いっ(><)
ただでさえ、カメラと交換レンズ(結局出番なし)でバッグは肩に食い込まんばかりなのに、
持ちにくい一升瓶、この時点で既に、何だか悲惨な状態です。

ひーこら言いながら駅の方に歩いて行くと地元のオバチャンの手作りのお惣菜屋さんを発見。
そこで幼少の頃Gさまの実家に行く度に食べた、懐かしいお惣菜をいくつかゲットしました。
ううう、もう肩も両手も塞がって何も持てないーーー!早く電車に乗って、この荷物を下ろしたい!
と思っていたはずなのに(笑)
さらに駅に向かって歩くと、なんと前から気になっていた「菓匠 禄兵衛」さんが!
仕方ない、見るだけ見るだけ~と店内に入ったら、片田舎(し、失礼)とは思えないオサレな内装、
引きも切らないお客さん、そして何より美味しそう!
と言うわけで(^^;)名物の草餅をお買い上げ…ど、どうやって持つ?!
ああ、三本目の手がほしい…と思いながらも何とか指先に草餅の袋を引っ掛け、
フラフラしながら駅に到着。
ふぅ、やっと肩の荷が下りた(笑)

そんなこんなで買ったものはこんな感じ、湖北の美味満載です(^^)
a0170321_511460.jpg

(写っていませんが、この他に大きなおはぎ3個、その他もろもろも買ってます)

まずはオヤツに草餅を。
a0170321_5111781.jpg

サラリと上品な甘さの粒餡、美味しいーー!
そしてそれを包んでいるお餅がまた美味。しっかりと厚みがあって、弾力も素晴らしい。
うーん、これは気に入りました!こんどは豆大福を食べてみたいです。

晩ゴハンも湖北の味三昧。
メインは鶏鍋ですが、こんにゃくの炊いたんや
a0170321_5164092.jpg

たたみ漬けなど
a0170321_5173035.jpg

幼少の頃Gさまの故郷で何度も食べたお惣菜あれこれ、なつかしー!
ちなみにどちらも何度か自宅で作ってみたことがあるのですが、どうしても昔食べた味にならず。
Gさま曰く「たたみ漬けは伊吹山が見える所でしか作れない」らしいので
ホンマかぁ?と思ってお惣菜屋のオバちゃんに確認した所、「ま、寒い所がいいってことやろな」と
拍子抜けなお答えでした(^^;)
さて、湖北の味といえばコチラ。

鮒寿司?!ノンノンノン(笑)鯖の熟れ寿司です。
a0170321_536263.jpg

これは鯖がかなり生々しいタイプ。
好きな人には堪りませんが、人によっては苦手かも?

どう見てもメインがイカの塩辛に見える気がしますが(笑)
a0170321_5262997.jpg

いただきまーす!
ちなみにもう一品、富田酒造で買った「余呉の大鹿の味噌煮」缶詰。
翌日のお酒のアテに頂きましたが、これも美味しかったです(^^)
by chidoriashi55 | 2013-12-19 05:34 | 美味しい

残しておきたい美味しい記憶と日々の徒然をのんびり綴ってます。


by chidori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30